上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は地元岩手の福岡工業ラグビー部が滞在でロッジ業務でテンテコ舞の一日でした。

そして本日。

近くのラグビー場にて高校総体。

昨年とは格段にラガーマンとしての風格UPしたメンバー達。
SANY3121.jpg

SANY3123.jpg


試合には負けたものの、ボールに食らいつく勇姿に深く感動させられました。

ラグビーシーズンも本格的に始まりました。今年も一生懸命サポートしたいと思います。

ボクの大好きなドラマ、『スクールウォーズ』を見ているようで、近い将来、花園に連れてってくれるに違いない!(さすがにボールをナイフで切るような選手はいませんが笑)

泣き虫先生の7年戦争 スクール・ウォーズ(1) [DVD]泣き虫先生の7年戦争 スクール・ウォーズ(1) [DVD]
(2001/02/07)
山下真司岡田奈々

商品詳細を見る


選手達を送り出し、午後、静まり返ったロッジに友人のyoshiさんが最近テレマークスキーを始めたという青年を連れて遊びに来てくれました。

青年=Y口クンは現在盛岡在住、神奈川出身で高校はボクの母校のお隣という偶然。

岩手での大学時代は山岳部でかなりの山好きらしく、トークも弾みました。

良い出会いでした。

yoshiさん、ありがとう!

そしてお土産ご馳走様。
スポンサーサイト
05.31 (Sun) 21:35 [ 日記 ] CM0. TB0. TOP▲
山などでの食事に何か良いモノはないかとたまに考える。

そんな時にネットでたまたま見つけたモノを取り寄せてみた。


らーめん缶



秋葉原の自販機で流行っている、というのは知っていたが。

どうやら麺は こんにゃく らしい。

こんにゃくのラーメンなんて・・・

と疑いながら缶を開け、付属の折りたたみフォークで麺をすする・・・


何でも試してみるものだ。 

素直に、   ウマイ!

ラーメン缶

こんにゃくなのがうなづける。ちゃんとメンマ、チャーシューも入っていてスープも本格的。

今回は冷やし麺でしたが、HOTであれば冬山でお湯で缶ごと温めればOK。


これは山で 使える 逸品です。

ぜひお試しあれ。

ゴミはしっかり持ち帰りましょう!

05.29 (Fri) 22:25 [ 日記 ] CM0. TB0. TOP▲
DSC01952.jpg
>岐阜県北アルプス山岳遭難対策協議会がまとめた「山岳白書」によると、2008年に起きた山岳遭難は前年比8件減40件(遭難者49人で前年比13人減)で、うち単独登山者は33%に当たる13件だった。
《中略》単独登山者は04年には2973人だったのが、05年には3080人、06年は3214人、07年は3445人と年々増加している。遭難者49人の内訳は、死者3人、行方不明3人、負傷者23人、救出者20人。遭難者49人のうち、7割以上の35人が40歳以上の中高年。単独と二人パーティーの事故は23件と半数以上を占めた。

『岳人』6月号より引用


昨今の登山ブーム・中高年層の増加に伴い、ハイキングの延長で山に入る傾向があるようだ。
『大人の休日』は自由ではあるが、大人ならなおさらリスクと向き合うことが必要だと思われる。

ロマンを求めて、独りで山に挑む・・・聞こえは良いかも知れない。しかし、誰もいない山中でひとたび足を骨折したら・・・携帯もつながらず、身動きとれず・・・

やはり単独で山に入るのは避けるべきでは?

身近な山でこんなニュースがありました。
一昨日のニュース




岳人 2009年 06月号 [雑誌]岳人 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/05/15)
不明

商品詳細を見る

P65にボクが写ってる・・・
05.27 (Wed) 21:03 [ 日記 ] CM2. TB0. TOP▲
5/17の鳥海山ぶりのオンスノー

八幡平某所にて

IMG_0431.jpg
IMG_0487.jpg
IMG_0494.jpg

まだまだ滑れる、八幡平

次回はどこを狙う!?



05.26 (Tue) 23:28 [ 八幡平 ] CM2. TB0. TOP▲
昨年7月から始めた本ブログがおかげさまで本日10000アクセスを達成しました。

大してデカい数字とは言えませんが、節目として。

でも最近、『いつも見てます』とか『毎日楽しみにしてるよ』とか言われるようになり、嬉しい限り。

正直、めんどくさい日もあったりするけど、頑張って毎日更新するようにしています。

楽しい内容の記事にしなきゃ、と考えると時間もかかり負担になってしまうので、ただ素直に思ったことや伝えたいこと、仕事の話、プラーベートの話など、気楽に綴っていくのがいいのだと思っています。

馬鹿馬鹿しい、と思うような内容の記事もあるかとは思いますが、どうぞ今後も『JUNの八幡平STYLE』を宜しくお願いします。

コメントの投稿もどしどしお願いします♪

誰でもそうだと思いますが、コメントがあると嬉しいもんです。逆にないと寂しい・・・
NORTH

05.25 (Mon) 21:22 [ 日記 ] CM2. TB0. TOP▲
バックカントリー装備万全に一週間ぶりの山へ・・・

しかし、アスピーテラインゲート辺りよりガス&雨↓

あっさり断念し、某コシアブラスポーットへ偵察に。

なかなか良いカンジではありませんか~

昨年はこの時期に寒い日が続き、あまり良くなかった。

今年はピンピンしてますよ♪ 今日は夕食の天ぷら分だけ頂く。

山菜モードになってしまったので、午後から某ワラビスポットへ。

お出迎えはキツネ君たち・・・ここは彼らの住処のようです。

写真のような巣?が点々としていました。

ワラビ収穫は大漁! 山の恵みに感謝です。

今年採った分はほとんど来年の冬、ロッジの夕食で振舞われます。(長時間塩漬けにしたものの方がシャキシャキしてて美味しいんです。)

ワラビはこのように。慣れないとなかなか探せませんよ。
DSC01945.jpg
ワラビ3本とMr.ケムシを探せ!

05.24 (Sun) 21:41 [ 八幡平 ] CM2. TB0. TOP▲
今日は晴れたり雨降ったり、はっきりしない八幡平でした。肌寒いのは変わらず。

先日マムート本社訪問時にお願いしてきたアイテムが到着。

まずはクライミングシューズ。
IMG_0352.jpg
MAMMUT SHOGUN(ショーグン)  19,950円(税込)

ダウントゥ(つま先が下に向いている)でソールはもちろんビブラム製。伸びの少ない合成皮革使用。
レースアップなので締め具合の微調整可能で外岩でかなり活躍してくれそうです。
デザインよし、カラーが綺麗☆ なにより名前がイイ!・・・これを履けば強くなれる!?
他に、ハイエンドのSAMURAI(サムライ)というモデルがあります。


そしてこのバック
IMG_0361.jpg
クライミングロープを入れて運ぶ為のシンプルなバックです。
ポケットが表にひとつのみ。写真にある130×150のマンモスロゴ入りグランドシートが付属。

IMG_0356.jpg
バックパックタイプになっています。

IMG_0357.jpg
ほぼ筒型になっており、口がガバっと開きます。ゆったりマチで30L位の容量はあるんじゃないでしょうか? 50mのロープなら3つ位は入ると思います。

背負うとこんなカンジ。
IMG_0345_20090523214539.jpg
長時間重い荷物を背負えるような作りにはなっていませんが、キャンバス地でかなり丈夫そう。
クライミングのロープバックとしてだけでなく、ジムに出掛ける時や、海や川などのアウトドアシーン、タウンユースでもおしゃれに使えそう☆

MAMMUT ロープロッジ 8,400円(税込) size:ONE col:ONE  これはオススメですよ☆


マムートアイテムご希望の方はご連絡ください。 clubman@clubman.co.jp


MAMMUT マムートジャパン
経費節減・・・夜行バスで今朝、八幡平に戻りました。

八幡平は雨・・・でもかなり涼しくホッとしました。

出張中はほとんど携帯でのブログUPでしたので、デジカメの写真を披露。

地下鉄・表参道より徒歩2・3分・・・コロンビアの直営・B6JINGUMAE店。
SANY3085.jpg

入り組んだオシャレな建物の3Fにあります。
SANY3084.jpg
SANY3082.jpg
SANY3083.jpg

直営店舗の中でもかなり広いスペースで、コロンビアのほとんどのアイテムが並んでいます。
ゆったりスペースで鏡も多いので、落ち着いてゆっくりお買い物できるお店です。


SANY3086.jpg
渋谷・原宿を中心に、アウトドアの中でも、『山』のイメージのあるブランド直営店が増えてる傾向にあります。

『山』とは少し脱線しますが、近年ブームとなっているのがフリークライミング。その中でも、子供から中高年まで幅広く楽しめて人気を博しているのが『ボルダリング』です。

ボルダリングは簡単に説明すると、ロープやハーネスなどの用具を使わないクライミングです。
安全確保がないので、そんなに高くは登りません。高さよりもルートのグレード=難易度を競うところに面白さや競技性があります。全身の筋力・瞬発力・筋持久力とバランスが必要とされるので、女性はフィットネス、男性やアスリートは筋力・体力・バランス向上という面でも人気です。

ジムで技術をマスターして、天然の岩に出掛ける・・・という流れもありますが、インドアだけで楽しむ層も多いようです。

国内のボルダリングジムは数多く存在しますが、渋谷と原宿の中間・明治通り沿いに新しくボルダリングスタジオができたというので早速チェックしてきました。

SANY3088.jpg
ボルダリングスタジオ・PEKIPEKI(ペキペキ)。マムートがサポートしています。

SANY3102.jpg
3階建てビルの3フロアで構成されており、1Fは受付と初級~中級ウォール。

SANY3090.jpg
難易度は色によって分けられています。

SANY3093.jpg
SANY3094.jpg
2Fは中級~上級ウォール。

SANY3095.jpg
所々にセットされているマンモスのホールドがGOOD。

SANY3091.jpg
SANY3089.jpg
3Fはキッズウォールと休憩スペース。

SANY3103.jpg
1F受付スペース・・・可愛いお姉さんがいます(笑)

4/16にオープンしたばかりですが、仕事帰りのOLやサラリーマンも訪れるようです。
レンタルもあるので、手ぶらでOKです。

料金等詳しくはPEKIPEKIのオフィシャルサイトでそうぞ。レンタルシューズ200円は安い。

今回は見学だけさせて頂きましたが、次回は登ってみたいと思います。


ちなみにマムート・マーケティングの佐藤さんはスキーヤーでもあり、ボルダラーでもあります。
SANY3080.jpg
マムートはレベルや用途に応じて色んな種類のクライミングシューズが展開されています。




05.22 (Fri) 17:16 [ 日記 ] CM0. TB0. TOP▲
長いようであっという間の4日間の出張でした。

今日の東京は出張期間中で一番暑い一日となりました。ヒートアイランド現象で暑さに拍車がかかる…これが噂の東京の暑さってやつ。

今日は原宿のコロンビアさんにご訪問。
コロンビアさんが入っているビルは、ボクが5年前まで勤めていた会社のすぐ近く…毎日通っていた道をわざと通って懐かしみに浸る。東京は激戦区…店や建物がコロコロ変わります。食べ物屋さんを見ると美味しかったお店は健在…当たり前のことですね。

原宿竹下口から10分程歩いてコロンビアさん到着…すでに汗ダクでした。

昨日まで米国出張だった牧野部長と今後の方向性についてのお話をさせていただきました。ODブランドとしては現在、絶好調のコロンビア…カナダのフリースタイルスキーチームやツールドフランスなど、幅広いジャンルでアスリートのサポート強化に力を入れてきています。国内テレマーカーのサポートはボクを含めて3名ですが、テレマークスキーを発信源とした新しいスタイル提案&MKの拡大を目指します!
ハッキリ言って、D社やP社のような昔からのスキーウェアブランドのウェアでのゲレンデスキーはもう古い!

05.21 (Thu) 23:55 [ 日記 ] CM2. TB0. TOP▲
昨晩は大学時代の友人と久しぶりに集まり、渋谷で飲み会…中には十数年ぶりのメンツも。楽しい宴でした。
そして本日…東京の気温は30℃近くまでいったのでは?とにかく激しい日差しでした。

そんな暑い中、まずは池袋のマムートジャパン本社にご訪問。
堀松専務、MK担当の佐藤さんとプロモーションについての確認と今後のコラボ企画についての大まかなディスカッション、それからボルダリング談義で盛り上がり…
20090521004348

有意義なお時間を頂き、ありがとうございました。
次回は癒しの八幡平へぜひ。



05.20 (Wed) 23:50 [ 日記 ] CM0. TB0. TOP▲
今日はITALYマウンテンブーツの代名詞・GARMONTを扱うキャラバンさんにご訪問。
今までもお世話になってはいましたが、来シーズンよりプロモーションとしてのサポートをして頂くことになり、改めてガルモントというパートナーと共に活動していくことになりました。

テレマーク・マウンテンブーツではシェア率NO.1のガルモントですが、来季は今までにはなかった革新的なラインが展開されます。要チェックです。ユーロの影響で価格もグッと下がりました。

NTN規格のプロフェット。20090520094417

ネズさん、ありがとうございました。

キャラバンさんは巣鴨
巣鴨といえば…そう、おばあちゃんの原宿、地蔵通り商店街です。
20090520014033


05.19 (Tue) 22:25 [ 日記 ] CM0. TB0. TOP▲
神楽坂はグルメの街。
SANY3068.jpg

神楽坂の玄関とも言える甘味処の名店、『紀の善』。
SANY3067.jpg

人気NO.1メニュー、『抹茶ババロア』 787円。
SANY3070.jpg
濃厚な抹茶のババロア、あっさりのつぶあん、ホイップクリームの三位一体が何とも言えませんね。
ちょっとお高いイメージですが、サイドのお代わり自由な美味しい緑茶やちょっと欲しくなる塩味お煎餅を含めると納得プライス…ぜひ一度ご賞味頂きたい。
久しぶりの甘さにホッとしたのでありました。
05.18 (Mon) 18:11 [ 食 ] CM2. TB0. TOP▲
昨日はツアー終了後、鳥海山をPM4時に出発して横浜に着いたのがAM0:30…長い旅でした。アラシ君、長時間の運転お疲れ様でした。そして終電のなくなったボクを送って頂いてありがとう!

そして久々の東京…今週は木曜日まで、メーカーさん訪問&打ち合わせです。
今日の東京は25℃以上はあったでしょう…アヅガッダ。

午後より、ボクがスキーのサポートでお世話になっている、神楽坂のエランジャパンさんにご訪問。
SANY3065.jpg

MK担当の堂本さんと来季に向けたプロモーションのお話から雑談まで、1時間ほどの滞在。
来季以降、エランはテレマークを含めたフリーライドカテゴリーに力を入れていきます。
東北を中心にドンドン暴れて欲しいとの依頼を受け、ガイド・レースを含めたテレマークのプロモーションをメインにCLUBMAN、RIME.TELEMARK.PARTYとしての活動にもコラボレートしていくことになりそうです。

今後のエランに注目です。もちろんボクにも注目です(笑)
堂本さん、今日はありがとうございました。
SANY3064.jpg
次回は八幡平で。

以前、記事にもしたELAN SKI 09-10 FREE RIDE SERIES。
SANY3066.jpg

05.18 (Mon) 18:05 [ 日記 ] CM0. TB0. TOP▲
20090517222313

20090517222837

20090517231423

20090517223522

20090517224051

昨晩の宴も早々に切り上げ、今日に期待するも…

朝からあいにくの雨。

予定ルートを変更し、朝ゴハンをゆっくりと。

遅めのスタート、昨日の大平ルートでショートBC決行。アメニモマケズ。

ゲストさん達はみんな元気で、貸し切りの山を堪能。みんな気合い入っておりました。
(たぶん本日入山したのは我々のパーティーのみと思われます…)

05.17 (Sun) 22:19 [ BC ] CM4. TB0. TOP▲
20090516211614
20090516213244
20090516212622
20090516210821
20090516212403

やって来ました、恒例の鳥海山トリップ。

今年は雪が多い!

初日の今日は大平口より、ショウガ岳1635mへ。

約2.5hのハイクでピークへ。

山頂付近はかなりの寒さでしたが、視界良好で日本海に向けてのダイブは最高でした。

雪質は良好なザラメコンディションでこれまた最高のクルージングとなりました。

明日は湯の台ルートより上を目指します。天候はいかに?

05.16 (Sat) 20:58 [ BC ] CM2. TB0. TOP▲
スキーシーズンが終わればもう夏・・・そう、カヤックのシーズンがやってきます☆
DSCF0027.jpg

今シーズンは新たなサイトで多くの人にカヤックの魅力を伝えたい。

今年はキャンプカヤックもメニューのひとつ・・・

キャンプと言えば、BBQ!

ということでBBQコンロを購入・・・ロッジ用と合わせ4台お買い上げ♪


じゃんじゃん活躍して頂きたい☆




05.14 (Thu) 23:13 [ LODGE ] CM0. TB0. TOP▲
4日ぶりのオンスノーは八幡平・見返り峠。

ハイクなし、ガイド車ピストンで見返りの斜面をサクッと3本で終了。
一瞬ですが雪がちらついた頂上付近でした。
IMG_0280.jpg
愛犬NORTHも久しぶりのオンスノーにご満悦のこの表情・・・やっぱり雪国っこなのです♪

松川温泉付近はブナの新緑が鮮やかで美しい。
IMG_0329_20090513231454.jpg

PMは薪割りトレーニングを4時間ほどこなす。
ポカポカ陽気でNORTHはウトウトでした。
IMG_0338_20090513231454.jpg

ほど良く身体が温まった後は、盛岡のボルダリングジムへ。
SANY2931.jpg

Iさん夫妻と初のボルダリングセッション。
SANY2928.jpg
Iさん奥様・・・しなやかです。

SANY2930.jpg
JUN・・・薪割りをこなした後のボルダリングはなかなか辛いものがあり。

2時間のトレーニングで腕パンパン。

帰りに近くの食堂で会食してお腹もパンパン。


そんなことで、今日は終日トレーニングとなりました。

Iさん御両名、有難うございました。次回はナチュラルボルダーで!







05.13 (Wed) 23:24 [ 日記 ] CM2. TB0. TOP▲
スキー・スノーボードシーズンを終え、お気に入りのウェアも半年間の眠りにつく(ついた)頃だと思います。

そこで今日はアフターケアのお話。

特に最近はGORE-TEXなどの高機能(透湿・超撥水)素材のシェルが主流で、どのブランドでも扱うようになりました。しかし、意外とアフターケアまでのアドバイスがされておらず、どうケアすれば良いか分からないという人も多いのではないでしょうか?下手にクリーニングしてしまっては高価なウェアが台無しに・・なんて心配もあったり。

ちょっと知っている人は、ゴアには『NKワックス』!・・・というのが定番のようですが、この某NKワックス・・・実は落とし穴がある様です。NKワックスには香料が含まれており、この香料の成分が、撥水効果を低下してしまうようなのです。

そこで今回ボクがおすすめする洗剤がコレ↓
GRANGERS
GRANGER’S グランジャーズ WASH IN CLEANER PLUS
英国製

非イオン系で無臭、もちろん香料などは一切入っていません。
目に見えない空気中から拾った汚れ、繊維間のバクテリアレベルの汚れまでしっかり落とす洗剤なんです。そしてもちろん撥水効果をそのまま保持・・・というより、撥水効果が蘇ります。
繊維の目につまったゴミが落ちるため、透湿力もUPします。

なんてったってGORE-TEXにとことんこだわるARC’TERYXのお墨付きの洗剤です。ARC本土ではボトルにARCロゴが入ったダブルネームのGRANGERSが売られているとのこと。

GRANGERS2
『GORE-TEXに適している』と書いてありますが、基本的に撥水性のある生地を使った製品なら何でもいけます。ボクはやりませんが、サーフィンのウェットスーツのクリーニングにも最適とのこと。

一回の洗濯、ウェア一着につき50ml~100ml位使用(汚れの具合による)、基本的にしばらく漬け込んでから洗濯機でOK。

シーズン中でも、こまめに部分洗いをすることで生地の性能が低下しません。

最近はこれで色んなモノ洗いまくっています(笑)



ということで、CLUBMANにて注文を承ります。

価格は300ml入りで¥1260(税込み)。  安い。
最高のゲスト、最高のコンディションで充実した一日でした。

090509_1.jpg

090509_2.jpg

090509_3.jpg

090509_4.jpg

090509_5.jpg

090509_6.jpg

090509_7.jpg

090509_8.jpg

090509_9.jpg

090509_10.jpg

090509_11.jpg

090509_12.jpg

090509_13.jpg

090509_14.jpg

090509_15.jpg

090509_16.jpg

最後は松川温泉、もちろん松楓荘。

ゲストの皆様、お疲れ様でした♪
05.09 (Sat) 21:53 [ BC ] CM0. TB0. TOP▲


春から使用しているこのザック。

MAMMUT NIRVANA ニルバーナ 35L

マムートバックパックのハイエンドモデルです。

とにかく機能性◎でBCに最適なモデルに仕上がっています。

スキー&スノーボード装着可能はもちろんのこと、スイスブランドならではの細かい配慮がステキ。

特にアタッチメント部分には、ゆるまない様にロック機能搭載。大小収納ポケットが多いのが嬉しい。
ウェストハーネスにも小ポーチが・・・飴専用^^
SANY2667_20090507225417.jpg
・一番外側の部屋にはショベル・プローブ専用収納フォルダ
・アックスループを両サイドに装備

SANY2666.jpg
今や必須の背面エントリー。ハイドレーション収納ケースも付いており、チューブが肩ハーネスに内臓される様になっています。チューブが常に身体に密着するように収納されているので、いざ飲む時に凍って出てこない、という心配いらず。

意外と困るヘルメットの収納・・・専用ネット付き
SANY2668_20090507225443.jpg

IMG_0292.jpg
スキーは斜め掛けにも対応できる様になっています。

何より、見た目より沢山収納でき、重量が多くても背中への吸い付きGOODです。

35Lは1dayBCにちょうど良い。女性やセカンド使用なら25L。 デザインも◎です。

カラーは35Lはspruce-smaragd(来季NEWカラー)とblack-blackの2色、
     25Lはberny blue-gentianとchilli-fireの2色となります。
SANY2895.jpg

価格は35L 28,350円(税込み)
     25L 26,250円(税込み)     也。


バック選びに悩んでる方にはオススメです♪
IMG_0342.jpg

ご用命はCLUBMANへどうぞ。早期受注割引あり^^






アスピーテラインが開通してからずっと滑りたかった斜面
IMG_0312.jpg
5/2アスピーテライン・源太岩展望台より撮影

行ってきました、嶮岨森。

樹海ラインに車を停め、エントリー

前半は緩やかなアオモリトドマツの原生林ハイクが続く
SANY2858.jpg

一気に視界が開け、大斜面が広がる

最後は急斜面を直登
IMG_0263.jpg

IMG_0270.jpg
まずはサクッとトップより一本目

最大35°結構斜度あります

SANY2865.jpg
登り返してトップより見た斜面

トップでランチタイム
SANY2864.jpg

モロビの大斜面は雪解け進行・・・写真右奥には茶臼岳
SANY2863.jpg

そして2本目
IMG_0333_20090506214025.jpg
最高のシャウダー

SANY2867.jpg
最高の斜面でした

次回滑りたい斜面をチェック
IMG_0345.jpg
今日より斜度ありそうです

帰り途中でスイーツタイム
SANY2874.jpg


そして松川温泉・松楓荘へ
DSC01943.jpg
久しぶりの洞窟風呂はサイコーでした。

GWの疲れもすっかり癒され、充実の休養日となりました☆












05.06 (Wed) 21:51 [ BC ] CM3. TB0. TOP▲
今日の八幡平は暑かった~><
SANY2830.jpg
IMG_0364.jpg

茶臼ロング~前山ロング~モミ山ロング
IMG_0400_20090505214448.jpg
雪質はパーフェクトコーンスノー

滑りもアツかった~

SANY2814.jpg
今年テレマーク世界選出場のタケちゃん

SANY2846.jpg
こちらも世界選メンバーのサダさん

お二人とも初めての春の八幡平BCに大興奮のご様子でした

また来てね~。
SANY2821.jpg









05.05 (Tue) 21:55 [ BC ] CM4. TB1. TOP▲

青森よりお越し頂きました、ご一行様。皆さんボクの一つ下の仲良し同級生達です。

またのお越しをお待ちしております。

やっぱりHUMMERはカッコいいですね~☆
SANY2812.jpg


これよりベッドメイク戦争に突入!

05.04 (Mon) 13:01 [ LODGE ] CM2. TB0. TOP▲
今日も最高のBC日和となりました。
GWも本番、八幡平山頂界隈も多くの観光客で賑わいをみせておりました。
中には福岡ナンバーの車両も・・・ETC1000円恐るべし。

では本日のフォト。
SANY2799.jpg
ゲストのNNさん・・・テレマークで山は初。でもなかなかのポジションで滑っておりました。

SANY2805.jpg
本日一番の斜面・・・30°近くあります。

IMG_0277.jpg
今日はでっかくターン。

SANY2807.jpg
見返り峠の山頂付近にこんなのあります。

IMG_0310_20090502232248.jpg
見返りのバラエティ豊富な斜面。

SANY2808.jpg
見返りピークより・・・N夫妻

IMG_0313.jpg
帰り道の一枚・・・源太岩と茶臼岳

IMG_0349.jpg
おまけは松尾・為内の一本桜。ピークを若干過ぎたカンジでした。

てな具合で今日もサイコーな一日でした。

そして本日より6日まで戦争・・・ロッジとガイドの両立です☆




05.02 (Sat) 23:35 [ BC ] CM0. TB0. TOP▲
昨日は今季初の源太ヶ岳(1545m)へ行ってきました。

4/24に開通した樹海ラインで中倉山の麓まで車で高度を上げる。(1台は松川ゲートにデポ)
上倉沢のあたりより入山。ピークを目指す。

SANY2751.jpg
中倉山の西側を通り上倉山を抜けると源太の大斜面が見えてきた。
気温は5~7℃くらい。やや風があり、ハイクにはちょうど良い。

IMG_0307.jpg
いよいよ斜面にエントリー。岩手山が素晴らしい。

ピークやや手前の東側斜面をまずドロップ。
SANY2762.jpg
新雪でまだ腐りきっていないのでやや滑りづらい。そしてピークまで登り返し。

そしてピークより東南大斜面をドロップ。
IMG_0325.jpg
でっかいターンが気持ちいい♪ 1本目より滑る雪。
SANY2765.jpg
SANY2764.jpg
すでに満足。

そして3本目
IMG_0333.jpg
IMG_0338_20090501205650.jpg
SANY2786.jpg
ここも程よい斜度でサイコー。滑りは秋田のY川さん夫妻。源太は5・6年ぶり。

そして4本目は沢めがけてドロップ。高度が下がるにつれて滑らない雪となり苦戦。
SANY2788.jpg

丸森川までトラバースし、ブナの原生林ランチ。
SANY2791.jpg

丸森川沿いに下れば松川沿いの奥産道へと出る。
SANY2795_20090501210143.jpg
道路は辛うじて雪がつながっていたので、ほとんどゲートまでスキーをはいて行けました。

SANY2797.jpg
ゴール地点にはこのように親切に自然の洗い場があります。

SANY2798.jpg
水芭蕉に癒される。まだ5分咲き。


春の八幡平BCにおいて、この源太ヶ岳ルートが一番スケールの大きい斜面を滑ることができるんではないでしょうか?

次回は5/3。 一緒にいかがですか?













05.01 (Fri) 21:29 [ BC ] CM0. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。