上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は秋八でレッスンでした。

空いた時間はフリーテレマーク。

3月末とは思えない雪です。

来季のスキー、ELAN AMPHIBIO アンフィビオ が絶好調です。

RIMG8513.jpg

3Dロッカー(インサイドはキャンバー、アウトはロッカー)、センター82mmでパウダーでも威力を発揮です。

ELANが送り込んだ秘密兵器、おそるべしアンフィビオです。

ボクはテレマーク仕様でNTNを付けていますが、本来はアルペンビンディング一体型となります。

アルペンでもその威力は同じです。

試乗会等でチャンスがあればぜひお試しを!

RIMG8515_20110329220407.jpg




アフターは後生掛温泉へ。

RIMG8534.jpg

RIMG8536.jpg

写真は露天風呂。

名物・泥風呂がおすすめです。










スポンサーサイト
03.29 (Tue) 23:04 [ 八幡平 ] CM2. TB0. TOP▲
ホームゲレンデであるAPPIが今シーズンの営業を終了しました。

これからが一番いい時期という中、非常に無念の決定となりました。

そんな中、お隣秋田の秋田八幡平スキー場が昨日より営業を再開したことを受け、

早速本日レッスンしてきました。

RIMG8507.jpg

5/8までの営業のため、まだまだゲレンデスキーを楽しめます。

リフト1基しかないローカルスキー場ではありますが、十分楽しめるスキー場です。

RIMG8512.jpg

今日はハイシーズンといえるコンディション。

雪降り過ぎでちょっと寒かったですが、3月末にして最高のパウダーも頂けました!

景色も最高☆

RIMG8510.jpg
バックカントリーフィールドとしても最高の焼山です

活動にご賛同頂き、支配人のご好意でこの春スキーシーズン、アカデミーのホームとして活動させて頂けることになりました。

とてもありがたいことです。

標高1000m、積雪たっぷり、サイドカントリーも楽しめるナイスなスキー場です.

近くには最高の温泉もございます☆

秋田八幡平スキー場


元気な八幡平をお届けします!



頑張れ東北!

先日、山形をベースに活動するプロテレマークスキーヤーのKさんからTELを頂きました。

八幡平の被害がどうだったか心配してくれていました。

そして、『俺らスキーヤーはスキーをしよう! そして東北を元気にしよう!』

非常に心強い言葉をもらいました。

Kさん、ありがとうございます!






今日は、久しぶりに八幡平の山に出かけました。

馴染みある久しぶりの景色と、済んだ空気がとても心地良く、改めて八幡平の素晴らしさを感じました。


RIMG8523.jpg

RIMG8516.jpg

RIMG8514.jpg


残念なことに、APPIスキー場は今シーズンの営業は全て終了となってしましました。


スキー場は終わっても、山にはまだまだたくさんの雪がある。

山に雪がある限り、大好きなスキーが楽しめるのです。

素晴らしい景色、山の魅力、スキーの魅力を伝えたい。


被災地の人達に元気を与えたい。

いつもどおり明るく元気に活動していきます。


岩手の宝、八幡平から元気を発信、 東北を元気にしよう!

DCF00001_20110325233307.jpg

久しぶりの八幡平はクロカンにて。


がんばろう東北!
03.25 (Fri) 23:56 [ 日記 ] CM3. TB0. TOP▲

提供:HFN

ノルウェー滞在中、オフの日を利用して気分転換の撮影をしました。

チームメンバーのサクティーがたまたま撮ったフォーメーションが発端となり、大々的な撮影と発展。

カメラマンはUENO氏

フォーメーション結成数分でこのカットです。(諸事情によりメンバーは6名のみとなりました)

みな日本を代表する滑り手ばかりですから、細かい打ち合わせなど不要!

みな何となく合わせてしまえるからスゴイのです。。。


RIMG0738.jpg

素晴らしいチームでした。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


とあるブログにこんなことが書かれていました。



「日本が今こんな状態だからと自粛ムード満載ですが
自粛ばかりしていて良いのでしょうか・・


被災地の方々は大変な思いをしているけれど
離れた所で普通に生活できている私たちが
頑張って働いて消費するという
経済活動をしなければ 
日本の経済を動かさなければ
被災地の復興は難しいのではと考えています。
シュンとしているのではなく 
人と物が動いて町に日本に明るさを取り戻すことこそ
大切なことだと思うのです。


今の私がすること。一生懸命働くことです。 」





頑張ろう!

昨日ノルウェーより無事帰国、夕方には八幡平に戻って参りました。



11日 リューカン世界選手権最終日のスプリントはトリでのスタート。

自分のレベルをまざまざと思い知らされた世界選手権・最終レースとなりました。

詳しくは少し落ち着いてから綴りたいと思います。

RIMG8255.jpg





2週間の長い遠征でした。

ノルウェー到着直後の日本のニュース・・・家族の安否は比較的すぐに確認できたものの、

実際どんな状態になっているのか、常に気になりながらのノルウェー滞在でした。

地元新聞は毎日一面でしたが、何しろノルウェー語です。

持参したアイパッドが唯一の情報手段・・・ヤフーニュース等で確認し、メンバー皆で共有する日々でした。


母国がこんな状態の時に海外でスキー・・・正直、自問自答がありました。

しかし、日本のメールやコメントで暖かい声援を頂きました。

最後までレースに挑戦することが、今ボクに、チームJAPANにできること・・・

日本に元気を・・・と、喪章をワンピに縫いつけ、母国を思い挑んだワールドカップ、世界選手権でした。


結果は悔いの残るものとはなりましたが、沢山の収穫があった2週間の遠征となりました。


ご声援、誠にありがとうございました。


詳しい遠征の模様は追ってUPしていきたいと思います。



帰国後、遅ればせながら厳しい現実を知ることとなりました。

とにかく犠牲者のご冥福を祈ると共に、被災地の一日も早い復興と避難者の落ち着いた生活を願うばかりです。


しかし下を向いてばかりはいられません。

明るく元気な日本、そして東北を取り戻すために前向きに取り組まねばなりません。

八幡平でもまだ余震が続くため、ニュース等からはまだ目が離せませんが、テレビではバラエティ番組も再開しました。


少しでも明るい話題を、と、明日からは明るい内容でブログアップしていきたいと思います。


頑張ろう東北! 頑張ろう日本!



ノルウェー リューカンの景色
RIMG8261.jpg
ガスタブリックトッペンの山と夕陽


遠征中、当ブログへコメント頂いた皆様、誠に有難うございました。

















今朝のリューカンは除雪でスタート。



夜のウチに20~30cmは積もったでしょう。

宿の周りはクロカンコースになっており、朝一からコース整備です。

さすがノルディックの国です。





ノーレースの今日は 基本はオフですが、天気も良いので皆で調整しにスキー場へ。

宿の目の前がスキー場で周りはクロカンコース。

非常にスキーに恵まれた環境です。




山と青空が最高。

午後にはTEAM JAPANで撮影をしました。

日本の元気な姿に外国人も注目しています。





撮影・提供 HFN



ファンレースであるパラレルスラロームでは明日の緊張をほぐす、アットホームな雰囲気で盛り上がりました。









男子ウィナーはアメリカのチャーリーです。




いよいよ明日は世界選手権最終日。

花形種目のスプリントです。


泣いても笑っても明日が最後のレース。

祖国を思い、全身全霊で臨みたいと思います。







ノルウェーではテレマーク新聞なるものが存在します。



日本の状況は合間にインターネットで確認し、皆で共有する日が続きます。

厳しい現実を知り、ただただ一日も早い復興と平和を祈るばかりです

少しでも明るい話題を、と遠い異国よりお届けします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日のリューカンは雪の散らつく曇り空でスタート。

さすが北欧、朝はかなり冷え込んでいます。

昨日はマイナス16℃、今日はマイナス13℃くらいでしょうか。

アークテリクス FISSION SLジャケットが毎日活躍しています。(JAPANヤッケの中に着込んでいます^^)

サンウェストさんに感謝。






山を上がると直ぐにピーカンです。(しかし気温は低いです)


さて、ここノルウェー・リューカンで行われているテレマーク世界選手権は大会2日目。

テレマークレースではもっとも過酷であり、総合力が求められる種目、クラシック競技です。








今日は警察官が多いと思ったら、ノルウェー皇太子&皇太子妃がおいでになっていました。

ノルウェーにおいてテレマークスキーがいかに国のスポーツ・文化であるか分かりますね。




FISポイントの制限により、日本人出場枠は男子で3名です。

JUNは今日はサポート応援。











今日もTV中継です。





女子優勝は地元・ノルウェーのシグリット・リキュース選手。


チームJAPANも頑張りました!



女子リーダーのあじゃ。




若手期待の星、シゲタ。


日本人への歓声が一番かも知れません。

他国の選手、大会役員より被災について必ず声を掛けて頂きます。




男子優勝はスウェーデンの若手、マティアス選手でした。



素晴らしい滑りでした。







子供の笑顔は世界共通。

平和の象徴ですね。

平和な日本へ。

頑張ろう日本。





今日のリューカンはピーカンです。



ここリューカンの象徴でもある山、ガスタブリックトッペンです。

大会初日の今日はGS(ジャイアントスラローム)。



各国の子供サポーターが大会の雰囲気を支えています。







国営放送NRKではLIVEでTV放送です。








レースの方は、極寒、超ハードバーンという状況でコースセットされました。

1本目・・・かなり後ろのスタートですが、まずまず納得できる滑りができ、2本目へ。

攻めの滑りが仇となり、後半のジャンプ後に転倒。

完走はしたものの非常に悔しい結果となりました。56位。


日本人は惨敗です・・・やはり世界の壁は厚い。

優勝したのは、地元ノルウェーのアイリック・リキュース選手です。




でもJAPANチームは皆頑張っています。



全員、喪章をつけ戦っています。




がんばれ日本。





















13日の最終種目・クラシック競技でハーヒュエルでのWCが終了し、世界選手権会場のリューカンへ移動となりました。



本来、電車で移動、その日には移動できないところ、ノルウェースタッフのチャーターバスに便乗させてもらうことができ、8時間のバスの旅でリューカンに到着しました。

宿はジャパンチーム10人一部屋のコテージで1週間過ごします。




翌14日は休養日となりました。

そして本日AMは公開練習会・・・スプリント会場のコースにてゲート調整をしました。

夜は開会式。





いよいよ明日からの世界選手権です。

19日までレースが続きます。



宿にはTVがなく、日本の状況はインターネットから情報を得て皆で共有しています。



地元紙は毎日一面ニュースになっています。


故郷を思い、全力で臨みます。










ノルウェーWC 2日目。

ここハーヒュエルは毎日良い天候に恵まれています。



しかし、寒いです。

太陽の位置が低いので日中でもなかなか気温はあがりません。

相変わらず、ニュースは日本の災害のことでもちきりです。



信じられない映像ばかりで言葉を失ってしまいます。

よりによってこんな時に海外遠征とは。。。


こちらで一生懸命レースに打ち込むことが今与えられたことと言い聞かせ、日々のレースに挑んでいます。






明日のレース後、世界選手権会場のリューカンに移動です。


被災地の人々の心中お察しし、ブログ内容も控えます。


ノルウェーWC初日の朝。

日本の地震・津波のニュースに目を疑う。

日本の家族の安否は確認が取れ安心するが、各地の被害のすごさにただただ唖然。

情報はノルウェーTVの映像とインターネット。

今はどうすることもできず、これ以上被害が広がらぬことを祈るだけ。

自分の国がこんな時に・・・とも思ったが、日本の代表として精一杯レースで戦うことが今自分達にできることと言い聞かせ、明日もレースに挑む。

被災で命を落とされた方のご冥福をお祈りすると共に行方不明者の一早い発見と被災地の復旧、そしてこれ以上被害が広がらぬよう、お祈り致します。


レースの方は、本日GSが行われました。日中、全く気温が上がらず、非常に寒い中でのレースとなりました。

超ハードなバーンと急斜面、ペナルティに苦しみ、58位という不本意な成績でしたが雰囲気にはだいぶ慣れてきました。

明日は被災地にエールを送りながら全力でレースに挑みます。
03.12 (Sat) 06:46 [ 未分類 ] CM2. TB0. TOP▲
気持ち良く晴れた朝。

部屋の窓からは北欧らしい景色が広がり、ノルウェーにいることを実感。


バスで移動すること2.5時間。明日からテレマークWCが行われるHAFJELL(ハーヒュエル)に着きました。



午後よりコースの下見を兼ね、フリー滑走しに出掛けました。




JAPANチームです

バーンコンディションはなかなかのハードで、各国の選手が調整をしておりました。




フランスチーム

夜にはレセプションパーティーがゲレンデで行われ、夕食を交えて早速各国の選手との交流。ー











明日からの競技の盛り上がりを十分感じさせる楽しいひと時となりました。

戻ってからはJAPANチームミーティング、ビブが配られ明日に向けての意識を高めあいました。





明日はジャイアントスラローム競技。

100名程のエントリーです。

遠征第一発目のレース。

リラックスして積極的に攻めます!

AM11:00のフライトで関空からオランダ・アムステルダムまで12時間。



2時間待機後、アムステルダムから2時間、ノルウェー・オスロへ到着。



オスロ空港近くのホテルに着いたのは現地時間21時(日本時間AM5時)でした。



16時間の大移動でした。

KLMの飛行機は機内食も美味しく快適に過ごせました。



夜のオスロはまずまず寒いです。



八幡平と大して変わらないです。



ホテルにてJAPANミーティングです。皆さんなかなか疲れてます。

時差は8時間です。

明日はWC会場のハーシェルまで移動・・・

たぶん移動で終わるでしょう。

やや時差ボケか?

しっかり睡眠をとって明後日の試合にそなえることにします。



チームJAPANメンバーブログ こちらもどうぞ↓

HEEL FREE NETWORKS

SHIGETAブログ



いよいよ出国です!

約2週間のノルウェー遠征です。

10名のジャパンチーム。

リラックスして良いムードです。

これより十数時間の空の旅…アムステルダム経由でオスロです。

では行ってきます!

いよいよノルウェー遠征です。

今日は関空近くのホテルに集結。

ジャパンメンバー一部で最後の晩餐?(2週間グッバイ和食です)

さあ、明日からドラマが始まります!


3/6(土)~7(日)、テレマークスキー国内最大のイベント、第5回 てれまくり が白馬コルチナスキー場にて行われました。



今回、CLUBMANとしてはスクール協力参加という形でCLUBMANメイトの皆さんと参加。

ボクはインストラクタープロ集団・TELEMAXの皆さんに混ざり、テレマーク無料体験講習・レベルアップクリニックのお手伝いをさせて頂きました。



2日間ともに晴天に恵まれ、のべ約600名の入場者で賑いました。

来季のNEWモデルスキーの試乗や新作ウェアの試着ができる他、様々なイベントが企画されているのです。

マムートブースは連日大盛況。



N川さんもノリノリでした。

初日のエクストリーム大会では、我がRIME TPよりAKN、TTがエントリー。




PhotogenePhoto



AKNは女子で優勝、男子でもTTが特別賞をもらい存在感を大いにアピールしたのでした。

そして看板イベントのひとつ、夜のパーティーは今年も最高の盛り上がりをみせました。



PhotogenePhoto












2日目のてれまくりCUPではRIMEメンバー4名が入賞し、豪華賞品をGETしていました。



天候にも恵まれ、第5回てれまくりは大盛況のうちに幕を降ろしました。

運営スタッフの皆様、大変お疲れ様でした。

そしてご参加の皆様、ありがとうございました。

また来年、第6回てれまくりでお会いしましょう♪




ライダーデモンストレーションで一番に滑ったのは気持ち良かったな~♪
最近スタートした、ARC'TERYX 総代理店・サンウェストのブログにて先日、取り上げて頂きました。

サンウェスト スタッフの皆様、ありがとうございます!


WESTERN TRAVELER



03.07 (Mon) 00:24 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲

今日もスッキリと晴れた菅平です。

気温は低く、-12℃ほど。

お陰で最終日にして合宿中一番の超ハードバーンが仕上がりました。

そして今日も午前、午後とGSトレーニング。

今日はジャパンメンバーのシゲちゃんも加わり、ノルウェー遠征直前のスーパーハードバーントレーニングができました。

練習終了後はシゲちゃんカーにお世話になり白馬へ移動。

明日からてれまくりin白馬コルチナです。


DLWHのTAKUさん、ポールセットからスペシャルコーチング、合宿所の手配まで至れり尽くせりお世話になり本当にありがとうございました!


110303-1

合宿2日目はマイナス14度で始まりましたが天候は最高。

気持ち良い練習日和です。

バーンは昨日よりさらに硬くなり、WC仕様となりました。

110303-2

今日もTAKUYAコーチングのもと、試合を想定した硬いコンディションでの体の動かし方や、ジャンプ、細かいイメージトレーニングに至るまでみっちりと滑り込みました。

ポールにアタックし過ぎて若干上半身が痛いですが、今日も充実したトレーニングができました。

小6チャンピオンのタカシのGSも参考になるところがたくさんありますね。


で、合宿所では今日も夕食づくりに精を出したのでした。

110303-3

黒毛和牛入り特製カレーうどんのできあがり。(ようやくカレーが終了!笑)



菅平合宿中の滞在はリゾートマンション貸し切りという、これまた恵まれた環境。



しかも温泉付きで最高。



夕食はタカシ君との共同作・特製シーフードカレーです。



小学生チャンピオンです。

しっかり栄養と休養をとって明日のトレーニングに備えます。



PhotogenePhoto

よくできました!









ノルウェー遠征直前合宿が始まりました。

今日の菅平は気温-4℃少しガスがかってはいますが練習には申し分なし。

大松山ポール練習バーンを貸し切り、午前は緩斜面、午後は急斜面をメインとしたゲートトレーニングです。



コーチはJUNの兄貴的存在であり、グラススキーの第一人者、ここ菅平でレーシングスクールを主宰しているDLWH代表のTAKUYAさん。




ノルウェー遠征のためにわざわざコーチを買ってでてくれたのです。

本当に有難いことです。

そして、今回唯一の練習メイトは小学6年生のタカシ君。
DLWH期待の星、昨年の全小チャンピオンです。

良い刺激になります。

選手2名&コーチで貸し切りという、贅沢な環境での合宿です。




この貴重な3日間に感謝し、価値のある有意義な合宿にしたいと思います!










明日から3日間、菅平にて最終調整です。

週末は白馬にて『てれまくり』イベント。

その後横浜経由で関空入りのため、八幡平とは約3週間しばしのお別れです。

2011.3.1-1

盛岡までのローカル線より景色を眺めながら、

ちょっと寂しい気持ちに浸っていると・・・

偶然にも、八幡平市長が乗車してきました。

しかもお隣に。

今まで面識はありませんが、これはご報告せねばと軽くご挨拶。

まさか八幡平を発つ最後の最後に市長にじきじき報告することになるとは。

ノルウェーでもしっかり『八幡平』をアピールして参ります! 市長。


戻ってくる頃にはすでに春モードでしょうかね。
03.01 (Tue) 13:04 [ 日記 ] CM0. TB0. TOP▲


週末のてれまくりに合わせELANより来季のスキーが届きました。

RIMG0017.jpg

AMPHIBIO WAVEFLEX 82XTi
128/82/109 @17.4m 176cm

☆☆☆

AMPHIBIOは世界で初めてロッカーとキャンバーという形状をひとつにし、パワー伝達と回転性を両立させたテクノロジーで、外足のインサイドエッジはキャンバー形状によりエッジグリップが強まり、その反面、内足のアウトエッジはロッカー形状によりターン導入を容易にします。

よって、左右のスキーがあらかじめ決められています。

しかも世界的に著名なポルシェデザインスタジオによってデザインされており、そのシンプルな機能美はまさに傑作と呼ぶのにふさわしいデザインです。

☆☆☆


FUSION システムによりアルペンビンディングが内蔵されているのですが、今回も特別仕様でフラットスキーにしてもらいました。


そして、早速NTNビンディングを取り付けAPPIへ試乗に。

ここ最近はレーススキーばかり乗っていたので、最初はウェスト82mmに若干太さを感じましたが、すぐに乗りなれて・・・

今日のAPPIはハードなピステコンディションでしたが、

デュアルチタニウム・RSTサイドウォールによるハイスピードでの最高の安定感、エッジへのパワー伝達力、

とくに内足アウトエッジの入りやすさ、グリップ力、バタつきのない安定感は素晴らしいの一言。

全体のフレックスにハリがあり、外足インエッジのくいつきも申し分なし。

今まで出会ったことのなかった最高のスキーにめぐり合えたような。。。

デザインもニューテレマークにふさわしく、シックでモダンでアダルト。


スキー・ビンディング・ブーツの相性はバッチリ・・・まさに三位一体です。

この新しい相棒とともにかなりの進化が遂げられるでしょう!


来季、ELANが社運をかけて世に送り出す、ANPHIBIOシリーズ。

週末のてれまくりではしっかりと目立ってPRしてきます☆


エランジャパンのD本さん、いつもありがとうございます!
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。